大きく儲けようと思うより小さな毎日の目標のほうが達成しやすい

By: Molly DG

誰もが簡単に儲けられる時代は終わりました。FXは登場したての頃は投資経験がない人でも儲けられる宣伝文句が多いですが、最近の相場はトレンド相場からレンジ相場に移り変わったことにより、為替相場を読む力が必要になりました。FXは頑張った人だけを儲けさせてくれます。

誰もが儲けることができなくても、頑張った人には投資の女神が微笑みます。無理をしないトレーディングでも大丈夫なのは、FXは毎日やるものではないからです。自分の都合のいい時間帯で取引をすることがベストです。もう諦めない損失からの大逆転にも、こういうゆとりある取引が大切です。

頑張ることと無理をすることは同義ではなく、その性質はまったく異なるものです。人はなぜ頑張るより無理をしてしまうのでしょう。FXトレーダーとして認められたいその欲望が、精神面からだめにするのです。FXはまわりからギャンブル扱いされていることもあり、大きくFXをしていると声に出せないこともあります。

なのでFXトレーダーには、必ずFXで成功しなければいけないプレッシャーがかかっているのです。未来志向ではだめで、現実的なFXをするのが比較した場合理想的なのです。人は未来志向に行き過ぎても息苦しくなります。

百万円儲けようと思うより、千円儲けようという小さな毎日の目標のほうが達成しやすいのです。ツールに頼らずに自分の勘を信じることも大事です。ツールは有効性があるものですが絶対的なものではありません。そのためツールに頼りすぎると自分の判断力が鈍くなります。

誰もが儲けられる時代は終わりましたが、FXは自分が努力したぶんだけ結果はかえってきます。為替相場のパターンにはいくつかあり、それを学ぶことだけでもずいぶん違ってきます。儲けられないと諦める前に、FXトレーダーとしてできるかぎりのことをしてみましょう。そうすれば投資経験が確実に増えていくので、その分FXトレーダーのビギナーとしてから脱却できます。